1-3. Todoリスト用の入力項目を追加

枠組みから項目を追加、削除する

Start with an idea から簡単に基礎となるアプリケーションを作成できましたが、やはりTodoリストに必要な「完了フラグ」や「期限日」が欲しくなってきます

ここではAppSheetのDataメニューおよび、データ元になっているスプレッドシートを修正して項目の追加、削除を行います

期限日や完了フラグは必要ですよね

AppSheetの設定画面から、Data -> Tables -> View Source と辿り、データ保存場所となっているGoogleスプレッドシートを確認します。

スプレッドシートが表示され、ダミーデータが確認できます

ファイル名の右のフォルダアイコンから、該当のスプレッドシートがどこに保存されているか確認が可能です

Start with an ideaから生成した場合など、AppSheetからの標準データ保存場所は、マイドライブ以下のAppSheetフォルダとなります

自動生成された項目から、Description, Image列は削除します

追加で、完了, 期限日の列を追加します

またNameは、Todoに名称変更します

AppSheetで変更したスプレッドシートを再度読み込みます

Data -> Columns -> Regenerate Structure を選択

Are you sure? と確認を求められるので、そのまま再度選択すると変更したスプレッドシートでアプリを再構築します

スプレッドシートで編集、追加、削除した項目が再読み込みされます

ダミーデータを入力していないため、個別に以下の項目設定を実施します


    • TYPEを指定

      • 入力するデータ形式に沿ったデータタイプを指定します

    • REQURE?をONに変更

      • 入力を必須とします

    • INITIAL VALUEを設定

      • デフォルトで表示される値を設定します

TYPEは以下の様に設定します

完了は Yes/NO

期限日はDate

INITIAL VALUEは以下の様に設定します

完了は NO

(「完了していない」状態から登録することが多いため)

期限日は TODAY()

(「本日のタスク」として登録することが多いため)

項目設定の編集が完了すると、右上の「SAVE」を選択しアプリに反映します

Todo名や、完了状況、期限日を追加することができるようになりました